フィリピン文化と生活

フィリピンの英語

初めてフィリピンに旅行で来た時、タクシーの運転手やモールや飲食店の店員さんに英語が通じるので
なんて意思疎通の快適な国なんだろうと思いました。
私が行った他のアジアの途上国(中国、タイ、インドネシア)では英語が通じなくて、かなり苦労したからです。
フィリピンの人はみんな英語ができる!と当時感動しました。

ただ、住んでみて実際はいろいろあるのが少し分かって来ました。
フィリピン人の英語力が日本人よりはるかに上なのは確かです。
ただしフィリピン人にとっても英語は外国語であって母国語ではありません。
英米などでは5歳の未就学児童でも英語を話しますが、フィリピンでは話しません。
英語は学校で教育によって身に付ける言葉だからです。
これは、つまり教育を受けてない人は英語ができないということです。
そして、豊かではないこの国には十分に教育を受けていない人もたくさんいます。

フィリピン人の場合、英語力は、その人の受けた教育レベルとかなり相関関係があり、
受けた教育レベルは、その人の家庭環境(≒経済レベル)とかなり相関関係があります。
ざっくりいうと、貧しい家の子は英語ができなくて、まあまあの家の子で真面目に勉強した子と、
いい家の子は英語ができます。その為、英語力で、その人の育ちを推し量られてしまう面があります。

フィリピンではビジネスの場では英語が公用語です。ビジネス上のドキュメント(法律、会計、契約、ルール、通知など)は全て英語で作成されます。会社員(ホワイトカラー)だと面接も英語です。
フィリピン人同士の面接で、お互いタガログ語のほうが上手なのに英語で面接します。
最初見たときは、外国人の私がいるから英語で面接してるのかなと思ったのですが、
フィリピン人同士でも採用面接は英語で行い、それはちゃんと英語が話せるレベルの人材かチェックする意味合いもあるようです。

普段私が接する”会社”で働いているような人は皆英語が上手です。
ただ、”会社”で正社員で働ける人は当地ではそれだけでエリートです。
街にでて、店員さんみたいな人や普通のフィリピン人と話していると英語があまりうまくない人が実は結構いるのがわかってきました。
by emsph | 2013-06-22 03:59 | フィリピン文化と生活 | Comments(0)

フィリピンで働いてます、ウェブ開発者のブログ


by mumu