フィリピン文化と生活

フィリピンにローマ教皇がやってきた

フィリピンにローマ教皇がやってきました。
(ローマ法王、ローマ教皇と二種類の表記がありますが、Wikipediaによるとカトリック中央協議会は「ローマ教皇」の表記を推奨してるとのことだったので、当ブログでは教皇と記載します)

ローマ教皇は1/15-19の間フィリピンに滞在します。

昨年、アメリカ大統領がフィリピンに来たとき、空港やら道路やらが警備でものすごい混雑しました。アメリカ大統領は世界で一番のVIPだから仕方ないと思っておりました。
今回の教皇来比は同じようなものかと私は思っていたのですが、違う次元のようです。

フィリピンにおいては、ローマ教皇はアメリカ大統領よりはるかにVIPなようです。
どうVIPなのか確認してみましょう。

その1
新聞の1面が教皇
こちらの写真は1/13の新聞です。来比中に1面を飾るのはわかるんですが、その前から既に新聞の1面が教皇になりました。
d0283789_15202935.jpg



その2
教皇グッズを売ってる
モールに行ったら、教皇グッズを売ってました。オバマグッズは売られてなかったので、やはり教皇のほうが人気は高いようです
d0283789_15211671.jpg

d0283789_15241513.jpg

d0283789_15274943.jpg

しかし、ローマ教皇ってロイヤリティフリーなんですかね。。
値段も、原価を考えるとちょびっと高めのような・・


その3
教皇の訪問中が祝日になった。
教皇の訪問は昨年の9月位には発表になってたんですが、突然12月23日に、
15(木),16(金),19(月)を祝日にするという政府発表がありました。
おまけに、15日と19日は半日ほど飛行機が離発着禁止(全便欠航)となりました。
1ヶ月を切ってから決定とか政府、計画性無さ過ぎでしょ。。

その4
テレビが全局、教皇中継
テレビが全部、教皇の中継してました。ついた瞬間だけでなく、その後の移動や式典やずーっと中継してました。
d0283789_15355398.jpg

d0283789_15361396.jpg

d0283789_15540311.jpg



その5
携帯が遮断
教皇の式典・イベントが行われるエリアについては携帯/ネットが使いにくくなるというのは事前に聞いていました。(日本のあけおめメールの時間帯みたいなもんかと)
実際はそんなんじゃありませんでした。
使いにくくなるとかじゃなくて、一部エリアでは遮断されました。
キャリアからお詫びのSMSが届いて、セキュリティ上の理由から遮断するけど、ごめんねって書いてありました。


ただし、セキュリティが厳重なのは理由があって、1970年に時の教皇、パウロ6世が訪問した際に暴漢が教皇を襲った事件があったのだそうです。
参考記事
by emsph | 2015-01-17 15:52 | フィリピン文化と生活 | Comments(0)

フィリピンで働いてます、ウェブ開発者のブログ


by mumu