フィリピンIT

フィリピンNo1スマートフォン Cherry Mobile(チェリーモバイル)の話

先日新しい携帯を購入しました。
もちろんAndroidです。

日本にいた時はiPhoneユーザでしたが、フィリピンに移住してからAndroidユーザに転向しました。
フィリピンの市場と文化を理解するためにも、できる範囲でフィリピン人と同じ生活/選択肢にすることにしているからです。
フィリピンでは(というか日本以外では)AndroidのほうがiPhoneより圧倒的なシェアを取っています。

今回購入したのはcherry mobileの携帯。フィリピンのシェア1位のメーカーというのに興味があり、最初からチェリーモバイルと決めて購入しました。(以前はスターモバイル(Star Mobile)という別のフィリピンブランドスマホを使っていました)

d0283789_18200911.jpg
d0283789_18201495.jpg
(筆者の新しい携帯。8000ペソ)


チェリーモバイルってどんなメーカー?

チェリーモバイルは日本人には耳慣れないブランドだと思うので軽く確認しておきます。
フィリピン スマートフォンシェア(2014)
1位:cherry mobile 21.9%
2位:Samsung 13.3%
3位:MyPhone 11.2%
4位:Lenovo 6.5%
5位:Torque 4.8%
出典:IDC
このように多数あるAndroid携帯メーカーの中で頭一つ抜けた存在です。
2009年に格安フィーチャーフォンメーカーとして事業を開始し、2010年には最初のローカルスマホブランドとなり、安価な端末とそれなりの品質でシェアを伸ばしてきました。一般の電気店ではあまり扱っておらず、cherry mobileの専売店を中心に売られています。
2012年からは国民的人気女優のAnn Curtisをブランドアンバサダーに起用してフィリピン国民への浸透を図っています。

Androidの巨人Samsung,Lenovo,Huawei,LG,Oppoなどの携帯ももちろんフィリピンで売られています。
そういった国際ブランドを向こうに回して何故CherryMobileやMyPhoneは売れているのでしょうか・・


チェリーモバイルがシェアトップを維持する理由

フィリピン人は国産ブランドが好き、
というわけではありません。
ローカルブランドの携帯は安いんです。

例えばSamsungの携帯はフィリピンでは高級ブランドです。(iPhoneは別格として)
店頭に並んでいる製品の主力価格帯は7000ペソ位(約19000円)からになります。
これに対してCherryMobileの主力価格帯は2000ペソ(約5300円)から。

サムソンやLG、SONYなど世界メーカーの携帯は高くてフィリピン庶民層には買えないけど、
cherry mobileの携帯ならなんとか買えるんです。

この2年位でフィリピンでのスマホ利用率は大きく上がりました。
先進国の人たちのものだったスマートフォンをフィリピン庶民にも手が届くところにローカルブランドが引き寄せました。
これはcherry mobileやMyphoneなどの功績です。
私がフィリピンに来た2012年後半は、まだスマホを使っている人は少なく、外出時にスマホをいじるのは少しはばかられました。
しかし今ではマニラ首都圏にいる私の行動範囲ではスマホを使っている人のほうがよく見かけるようになりました。
これにはローカルブランドの2-3千ペソの廉価なスマホが大きく寄与しています。


ただし、cherry mobileやMyPhone、販売台数は多いですがブランド人気があるわけではありません。
みんな買えるならiPhoneやSamsungやSonyが欲しいと思ってます。でも高くて買えないから手頃な値段のローカルブランドの携帯が売れています。
もし庶民のフィリピン人がスマホを使っていたら、ちょっと携帯を見てみてください。
携帯の液晶側の上部にも下部にもブランド名が書いていないことが多いと思います。
ローカルブランド1位のcherry mobile、2位のMyPhoneや多くの他のローカルブランドもそうです。(上段にある筆者の携帯写真にもブランド名がありません)
製造コスト削減の為なのか安物イメージがあるので消費者が望まないためなのか、理由は定かではありませんが、表面にブランドは刻印されていません。
数名のフィリピン人に聞いた所、このブランドを使っていることを積極的に他人に見せたくないからではないかと言っていました。(日本でのユニクロみたいなもんでしょうか)

シェア的には20%を超えて国民的携帯ブランドが近づきつつあるCherryMobileですが、
この携帯の表面にブランドが刻印された時に、本当の国民的ブランドと呼べるようになるのでしょう。


長くなったので、筆者のチェリーモバイル購入の話は次回
->続き「Cherry Mobileのスマホを購入」



->関連記事「Cherry MobileがフィリピンNo1を維持」




by emsph | 2015-11-20 19:00 | フィリピンIT | Comments(0)

フィリピンで働いてます、ウェブ開発者のブログ


by mumu