フィリピンからの旅

微笑みの街 バコロド

バコロドに行ってきました。
バコロドはフィリピン中央部ビサヤ地方の主要都市の一つです。

d0283789_12181027.png

マニラから飛行機で1時間15分で着きます。
私は普段LCCのセブパシかAirasiaに乗っているのですが、今回はナショナルキャリアのフィリピン航空がプロモをやっていたのでフィリピン航空でバコロドに行ってきました。
往復2080ペソ
フィリピンの国内線は安いので気軽に他の都市に行くことができます。
d0283789_12353591.jpg
バコロド-シライ空港
(バコロドの名を冠してますがシライ市にあるのでこんな名前)

バコロド空港から市中心部まではタクシーだと協定価格で500ペソかかるそう。
少し距離があるのと、市内から空港に行ったタクシーが帰りは空で運転になってしまうからだそうです。
500ペソは高いので何か別の手段をと思っていたら乗り合いワゴンがあったのでそちらで移動。
どこに行くのかよくわからなかったのですが、市中心部に行けばなんとかなるでしょう。
d0283789_12350561.jpg
ワゴンは満席

ロビンソンモールで降りたかったのですが、言いそびれてよくわからない場所で下車
d0283789_12350683.jpg
見知らぬ交差点だったのですが、地方都市でもGoogleMapで自分の現在地が確認できるのであまり困りません。

SMバコロドに移動
d0283789_12350642.jpg
d0283789_12350689.jpg
土曜の午前だったのですがガラガラです。
マニラだと人だけはいっぱいいるので地方とマニラの違いを感じました。

d0283789_12350768.jpg
San Sebastian Cathedral
サンセバスチャン大聖堂
バコロド中心部の伝統ある教会です。

d0283789_12524703.jpg
d0283789_12350901.jpg
Negros Museum
ネグロス島の歴史がわかる博物館

d0283789_12350870.jpg
博物館併設のカフェでランチ

d0283789_12530396.jpg
公園からみた庁舎
d0283789_12560283.jpg
みかけた町の食堂のメニュー
マニラだと6-70ペソしそうなメニューが40ペソ位
あらためて首都は物価が高いんだなと実感

d0283789_12350476.jpg
名門ラ・サール大学
中には入れてもらえませんでした
d0283789_12593082.jpg
バコロドにもあったバトミントンコート

d0283789_12353363.jpg
バコロドにもあるビレッジ
ビレッジの住民(金持ち)しか中に入れません

d0283789_12353465.jpg
バコロドのロビンソンモール
車がずらり。この町で車が買える人は何をしている人なんだろう

d0283789_12353312.jpg
ロビンソン脇のコンド
マニラのようにたくさんではありませんが、富裕層向けのコンドがありました



マニラにはバコロドチキンと書いたチキンレストランがあるので、
さぞチキンの街なのかと思ってチキンレストランを探しましたが
別段特別なチキン名物風のレストランは見つかりませんでした。

夜はバーやクラブの集まるエリアにも行ってみましたが、それほど栄えてる感じはありませんでした。
帰りはSMバコロドまで行って、また空港まで乗り合いワゴンで移動

d0283789_12353696.jpg
乗った飛行機がマニラ空港に着陸できず一回クラークまで行きました
d0283789_12353637.jpg
フィリピン航空がお詫びでくれた軽食

時間があったのでマッサージを受けに行ったら、どこの学校に行ってるのかと聞かれました。
この町にいる日本人は語学学校生が多いみたいです。
(まあ仕事の用事もあまりなさそうですし、観光名所も特にないので)

ダバオより下の中堅都市を回るのも
イロイロ、レガスピ、タクロバンに続いて4都市目となりました。
どこもそんなに変わらないなという印象で、正直少し飽きてきた感がありました。
地方といっても都市なのでモールや学校やレストランもそれなりにありますし、
ビレッジやコンドもあるし、マニラほどの渋滞はなさそうだったので、
住みよい街ではあるかもしれません。




















by emsph | 2016-10-29 13:14 | フィリピンからの旅 | Comments(0)

フィリピンで働いてます、ウェブ開発者のブログ


by mumu